題詠(「紙」)

2020-07-28開催(麹町)/第256回参加歌 歌順29番

八月の空に
高く 高く
紙ヒコーキを飛ばす
・・・帰ってこない
あれから 三十年

鮫島

コメント投稿

※会員の方のみコメントを書くことができます。⇒コメントを投稿する

2件のコメントがあります

八月の空は、深くて広い。
紙飛行機はそのまま空に吸い込まれていった・・・

山碧木 星

2020-08-04

30年前の八月に、なにがあったのでしょう。
成果を山ほど積んで帰ってくると確信して、紙ヒコーキを飛ばしたのかな。
期待が外れたとしても、
あの時、紙ヒコーキを飛ばしてよかった、と
作者は内心思っているんじゃないかしら・・・

映子

2020-08-03