題詠(「目眩」)

2020-06-23開催(麹町)/第255回参加歌 歌順15番 第1席

目眩のするような
太陽の光に
ちょっとだけ
勘違いしてただけの

史緒

コメント投稿

※会員の方のみコメントを書くことができます。⇒コメントを投稿する

2件のコメントがあります

太陽の光のようなスポットライトを浴びたら
主役 主人公になった気分になってしまうこともありますね…
夏のような熱気があれば なおのこと

今井幸男

2020-07-03

何を勘違いしていたの?〝太陽がいっぱい〟の
アランドロンを思い浮かべてはみたけど。
〝だけ〟を二度繰返して軽妙さを出しているから
一夏の〝何か〟でしょうか?

柳瀬丈子

2020-06-30