自由詠

2019-10-22開催(麹町)/第247回参加歌 歌順12番

溢れくる水のなかで
燃え広がる森のなかで
お前たちも
その命を
守っているか

山碧木 星

コメント投稿

※会員の方のみコメントを書くことができます。⇒コメントを投稿する

3件のコメントがあります

自然淘汰はやむをえませんが、開拓により人間がもたらした水害や山火事からは逃げてほしいですね。
お前たちも の「も」に注目しました。
人の命だけでなく、さまざまな命へ向けられたやさしさ。

しの

2019-11-04

度重なる洪水、あの川に棲んでいた魚たちはどうしたんだろう。
濁流といっしょに海に流されてしまったのだろうか。
と、私も気になっていました。

それでも、何か月か先には、生き延びた命、新しく生まれた命が
自然の中には戻ってくるだろうと、信じていますが。

映子

2019-10-29

洪水や山火事の人的被害への関心も大事なのですが
他の生命への関心を持つことも人類の未来とって必要ですね

機械に頼らずとも人間は感性を研ぎ澄ませば
地中や水中や空中の見えざる微生物ともコミュニケーションをとれるように成れるかも
それらの生命体たちとの対話を五行歌に詠めたらいいですね…
☆☆

今井幸男

2019-10-28