自由詠

2021-06-22開催(麹町)/第267回参加歌 歌順30番

激しい雨
鳴り続く雷
傘の上に
雷神のせて
歩いているよう

渡邉加代子

コメント投稿

※会員の方のみコメントを書くことができます。⇒コメントを投稿する

8件のコメントがあります

なんでこんな日に外を歩いているのかと思いながら、完全装備で歩いていました。
心なしか傘がちょっと重いような。踏み抜かれなくて良かった。

加代子

2021-07-22

我が家に 穴のあいたビニール傘が一本あります
雷神の足で踏み抜かれたのかも知れない…
☆☆

今井幸男

2021-07-06

雷が鳴っている時の外出は恐いですね。ほとんど外出しない今は
窓から見える稲妻の美しさに見惚れています。

範子

2021-07-05

傘の上に
雷神のせて
激しい雨音が聞こえてきますね、思いつかないすごい表現です。

まちだ道子

2021-07-05

後の3行がスゴイ!とんでもない音だったのでしょうか。
傘の上に雷神 の発想に拍手。

田中きみ

2021-06-30

この時期の雷はこの通りかと思います。サンダー用アンブレラですね。

いわきやすお

2021-06-29

楽しそうだけど怖かったでしょうね

高原美智子

2021-06-29

傘越しに伝わる雨脚の雷鳴の強さが迫力を持って伝わってきます。

大島健志

2021-06-29

次を読み込む