題詠(「恋」)

2020-12-22開催(麹町)/第261回参加歌 歌順22番

微かに
絡まった
指先から
芽ばえる恋
ゆるやかに ほどけていくように

町田道子

コメント投稿

※会員の方のみコメントを書くことができます。⇒コメントを投稿する

5件のコメントがあります

このお歌を読んで いいなぁ と、若くはないお二人だから 5行目の言葉になって行くのですね。
趣があります。

せきゆみ

2021-01-19

コメントありがとうございます。上りエスカレーターで見た光景。
若くはないお二人の手が私の視線の先にあって。
ああ、こうして恋は生まれていくのかなと感じたことでした。
いいなあと思って。

まちだ道子

2021-01-17

なんかの拍子に指先が触れて、ドキッとして、という時期がすぎると、
緩やかに指を絡ませて、
恋も深まっていく、というもの。

遠い昔を思い出しました。

映子

2021-01-10

絡まった指先から芽生える恋もある。
「小指と小指、からませて・・・」5行目の表現が言い得て妙です。

いわきやすお

2021-01-04

絡まった指先がほどけるのであれば
破恋かなとも思ってしまいましたが
硬い種子から出た芽から 葉が展くように 花が開くように
恋が展開していくということなんでしょうね

水やりや施肥を怠らなければ
足の指先も絡まるようにもなるんだろうなぁ…

今井幸男

2020-12-30