題詠(「恋」)

2020-12-22開催(麹町)/第261回参加歌 歌順7番

恋というファンシーな
包装紙で包んだら
枯れてしまうかも
地下の白い根で
じわじわ育つ関係は

今井幸男

コメント投稿

※会員の方のみコメントを書くことができます。⇒コメントを投稿する

5件のコメントがあります

恋はやはりファンシーなものなんでしょう、だから
恋を夢見る、恋したいとほわんと思う、でもほわんと
したものは消えるのも早い。
しっかり地下で根を張った関係にははファンシーな
包み紙はいらない むしろ悪かもしれないのですね。

まちだ道子

2021-01-12

恋がファンシーな包み紙なら、愛はなんなんでしょうね?

観月

2021-01-12

人目をしっかりと忍んで地下で育んでゆく関係、生々しいく息づいています。

せきゆみ

2021-01-12

綺麗な包装紙で包まれた恋は枯れてしまう。
土のなかで根を張った野菜のような強かに育つ恋がいいようです。

いわきやすお

2021-01-04

地下で育つ関係は何でしょう? 
それはぱっと燃え上がんじゃなくて、じわじわ育つもの。
愛とか親愛とか言われるものかもしれないですね。

ファンシーな包装紙も魅力的だから、
包みっぱなしにしなければいいのかな?

映子

2020-12-29