自由詠

2020-12-22開催(麹町)/第261回参加歌 歌順9番

寒い朝
校庭に子供たちの歓声
なんのことはない
当たり前に
心がほころぶ

史緒

コメント投稿

※会員の方のみコメントを書くことができます。⇒コメントを投稿する

3件のコメントがあります

こんな時代が来るなんて思ってもいなかったですね。
普段何でもない些細なことに喜び幸せを感じるこの頃です。
子供たちの歓声嬉しいものでしたでしょう。

まちだ道子

2021-01-12

子供たちの元気な歓声には心がほころぶ純粋さがあります。

いわきやすお

2021-01-04

当たり前が当たり前でなくなった2020年でしたね。
離れて住む親の顔を見に行けない、久しぶりの友達と会えない、と。

コロナが退散した後、
私たちは以前の思考に戻れるのかと、心配です。

映子

2020-12-28