自由詠

2020-12-22開催(麹町)/第261回参加歌 歌順5番

北風に揺れ
水面に散りぬ
赤い葉は
沈みてのちも
寄り添っている

青木栄子

コメント投稿

※会員の方のみコメントを書くことができます。⇒コメントを投稿する

1件のコメントがあります

沈んでしまった後も、寄り添っている。
なんだか歳を重ねた夫婦の人生のようです。北風もあり、水面に散っても、どこまでも、どこまでも赤い色なんでしょうね。手を繋いだ二人みたいです。

かおる

2020-12-24