自由詠

2020-10-27開催(麹町)/第259回参加歌 歌順23番

君からの
メールがない夜に
慣れてゆく
郁子は熟して
風に吹かれて

コバライチ*キコ

コメント投稿

※会員の方のみコメントを書くことができます。⇒コメントを投稿する

3件のコメントがあります

私も歌を頂いた時「郁子」をしらべましたよ。
前三行、わかりますね、だんだんあきらめていく感じ
その思いをたっぷりと抱えている事郁子に託しているところ
いいですね、こういう歌は書けません。

まちだ道子

2020-11-22

郁子という姪がいるので、なんでこんなところに、と読めなかった私は思いました。
で、「むべ」だと知り、前3行とのつながりがようやくわかり「むべなるかな」

まちゃこ

2020-10-31

逢瀬の連絡もない夜が続き
メールが来ないことにも 情欲が湧かなくなったことにも慣れてしまった心中を
アケビに似てるけど熟しても割れない郁子(ムベ)で的確に表現してますね
本来なら逢って割れるアケビになりたいのにぃ…

むべと振り仮名を付けず女性名をも連想させる思わせ振りもいいですねぇ〜
☆☆

今井幸男

2020-10-29