自由詠

2020-08-25開催(麹町)/第257回参加歌 歌順9番

藪のなかに秘そんでる
みどり色の丸い烏瓜 見いつけた
やがて 色づき
尻尾が生えて
大空を泳ぐのです

今井幸男

コメント投稿

※会員の方のみコメントを書くことができます。⇒コメントを投稿する

11件のコメントがあります

今まさにそんな絵を描き終えました。
尻尾ではなく頭から生えたもので翔んでます。
緑色で烏瓜の形。あのこは、ガラス絵をだったのね!

かおる

2020-09-06

かおる様
コメント ありがとうございます

描き終えた その絵に会ってみたいですねぇ〜
会ったら欲しくなっちゃうかも知れませんが…

今井幸男

2020-09-06

皆様、コメントありがとうございます

とある藪、ごっついヤブカラシやヘクソカズラに負けずに
元気な柔い葉や蔓の烏瓜が 丸い実をつけていました
テニスボールより ちょっと小さいくらい、他のは まだまだ小さい…

この烏瓜は、やがて尻尾が生え 大空を泳ぎまわり
大空を受精させ
新しい世界が誕生するのです…

今井幸男

2020-09-05

メルヘンというには軽々しい!そうです!尻尾が生えるんです。泳ぐんです。あれ?なんで飛ばないの?

はな

2020-09-05

はなちゃん
コメントありがとうございます

この烏瓜は DNAの運搬人なので
オタマジャクシのように泳ぎます…

今井幸男

2020-09-05

海を泳いでいた白い烏賊は、ソーメンになり
    みどり色の烏瓜は、尻尾が生えて大空を泳ぐ。

五行歌は素晴らしい〜♬

山碧木 星

2020-09-04

どんな姿で泳ぐのでしょうか?
網で捕獲?それとも餌釣り?
とっても気になります。

大貫隆志

2020-09-04

発想がすばらしい。変身して空を泳ぐ姿が見たい。

田中きみ

2020-09-02

ほんといいですよね、かおるさんのガラス絵に
なりそう尻尾が生えて大空泳ぐ烏瓜。

まちだ道子

2020-09-02

4、5行目は オタマジャクシが泳ぎだすようで、面白い表現ですねぇ。
烏瓜を大空に泳がせてしまう、烏瓜の願いが聞こえたかな~。

せきゆみ

2020-09-01

日常の小さな発見の一、二行目から、
烏瓜が大空を泳ぐ五行目に意表を突かれ、
またどこか異世界連れて行ってくれるような、
楽しいお歌でした。ファンタジー。

大島 健志

2020-08-29

次を読み込む