題詠(「紙」)

2020-07-28開催(麹町)/第256回参加歌 歌順23番

膏薬 ガーゼ 油紙
湯でぬらしたボール紙
伸びない包帯 三角巾
老医師のつくる
簡易ギプス

ま のすけ

コメント投稿

※会員の方のみコメントを書くことができます。⇒コメントを投稿する

8件のコメントがあります

最新医療ばかりが必要とは思いません。なにかほんとの手当てをして頂く感じですね。

せきゆみ

2020-08-09

こんな名医がおられるんですね。今では石膏の粉に温水で練り込んで
型を取り30分もしないうちに出来上がり、身体にピッタリフィットします。
私の部屋には右腕、左腕、左膝、肋骨用とたくさんあります。今は
とても簡単に作りますよ。

大橋克明

2020-08-08

すばらしいギブスです。

鮫島

2020-08-08

新製品新発売というと行列ができる
何々が不足しそうだ、何々が効きそうだというと買い占めがおきる
既製品を求めて人々は右往左往する

昔は、子供は代用品のオモチャを自分達で作って遊んでたし
大人も色々なものを自分で工夫して作ったり修理してた気がする…
物質が豊かでなかったからかも知れないが…

今井幸男

2020-08-07

そういえば、田舎にはそういう「赤ひげ先生」がいました。

あかい

2020-08-05

災害は救急現場、どんな状況にでも対応してくれる頼もしさ、
老医師の経験と知恵。感謝あるのみ。

柳瀬丈子

2020-08-05

全く知らないのに妙に懐かしく思うのはなぜでしょう
じつに不思議な歌です。

山碧木 星

2020-08-04

文字通り読み取っても、
比喩として読んでも味わい深いいい歌ですね。

大貫隆志

2020-08-03

次を読み込む