題詠(「紙」)

2020-07-28開催(麹町)/第256回参加歌 歌順19番

シワシワの手紙
水に溶けた
さようならが
微かに残る
洗剤の匂いと共に

つねちゃん

コメント投稿

※会員の方のみコメントを書くことができます。⇒コメントを投稿する

7件のコメントがあります

ラブレターやぶらないで溶かす方法もあったんだ

藍弥生

2020-08-08

あら、洗っちゃたんですか?うっかり?
それとも別れの手紙だったから?
それでさっぱりしましたか?

柳瀬丈子

2020-08-08

洗剤の匂いとシワシワの神の組み合わせがいい。

鮫島

2020-08-08

うっかり洗った
思い出の手紙の思い出を書きました。

つねちゃん

2020-08-05

とてもポエジー。貰ったのか?出したのか?
何れにしても「サヨナラ」が微かに残っちゃった、きっと
切ない手紙。洗剤の香り・・水に流した断ち切り感が重って、余計切ない。
ギターが弾けたら曲を付けたい☆☆☆

数 かえる

2020-08-04

出そうと思ったお別れの手紙、
出すことができず、
ポケットに入れたまま、洗濯されてしまったのでしょうか?
なんとも豊かな余韻の歌ですね。

大貫隆志

2020-08-03

間違って洗濯してしまたのかな。
あっと思ったけど、もう終わりにしてもいいか、と思い切ったのかしら。
胸の奥がつんとする読後感があります。

映子

2020-08-03

次を読み込む