題詠(「紙」)

2020-07-28開催(麹町)/第256回参加歌 歌順14番

外出自粛の家に
リンドウの花束
新聞紙にくるまれて
畑直送 鮮度抜群の
友の温もり

渡邉加代子

コメント投稿

※会員の方のみコメントを書くことができます。⇒コメントを投稿する

10件のコメントがあります

こんな時期に何とも嬉しいプレゼント。
心ほっこり、鮮やかな花色が浮かぶ。

柳瀬丈子

2020-08-08

新聞紙ってすごく便利なのに若者は持ってない・・・

藍弥生

2020-08-08

かざる事のない真の友情のようなものを心に感じて
胸にじーんとくる歌です。3~5行の表現がとてもお上手でした。

大橋克明

2020-08-08

リンドウの花言葉、知りませんでした。 お友達の人柄、このお歌の作者の人柄も偲ばれる
温かい作品です。

せきゆみ

2020-08-07

私の母の故郷、岩手県遠野市では、りんどうの栽培が盛んなんです。
当分訪ねられそうもない祖母を思い出させてもらって嬉しかったです。

観月

2020-08-07

新聞紙が新鮮でーす。

あかい

2020-08-05

ほっこりしますね。
ほんと、新聞紙にくるまれて
というところでりんどう送ってくれる友の姿も見えてきます。

まちだ道子

2020-08-04

リンドウといえば、花言葉は
君の哀しみに寄り添いたい
いいなあ〜

山碧木星

2020-08-04

新聞紙にくるまれ という一行が、
リンドウの背景をすべて語っていますね。

淡々と詠まれているけど、しみじみします。

映子

2020-08-03

殺伐とした時期に
ほのぼのとします

よしの

2020-07-31

次を読み込む