自由詠

2020-07-28開催(麹町)/第256回参加歌 歌順17番 第2席

もう
喰った と
言ふように
生きた と
言ふて死ぬ

岡本まさ子

コメント投稿

※会員の方のみコメントを書くことができます。⇒コメントを投稿する

7件のコメントがあります

命を全うする という事でしょうか。そうありたいものです。

せきゆみ

2020-08-08

100歳まで生きたら、そう言えるかもしれませんね。
いま死を迎えるとすれば、もっと喰いた〜い、です。

山碧木 星

2020-08-07

わたしに、大それた目標や上昇志向は無いのだけれど
わたしも、満腹感で人生を終わりたい
そのために?、媚びたり阿ったりはせず直向きに歩きたいかな…
☆☆

今井幸男

2020-08-06

何か、禅問答をしているようで・・・。
分かったようで、分からないようで。

あかい

2020-08-03

真剣に生きてきた人にしかクチにできない言葉だなと、大変感銘を受けました。

大貫隆志

2020-08-03

悟られた大僧正のようですね。
その日は明日かも知れないのだけれど大丈夫ですか?

柳瀬丈子

2020-08-01

ある年齢に達すると、
「いかに生きるか」よりも「いかに死ぬか」を考えるようになります。
こんな風に死にたいものと、私も思います。

「言ふ」と、旧かなにしたところも、味がありますね。

映子

2020-07-30

次を読み込む