自由詠

2020-07-28開催(麹町)/第256回参加歌 歌順7番 第3席

蚊帳に
分けられた
空間
あなたとの
結界に似て

かおる

コメント投稿

※会員の方のみコメントを書くことができます。⇒コメントを投稿する

10件のコメントがあります

北国育ちで、本物の蚊帳を知らずに生きてきました。そして初めて蚊帳を体験したときの、不思議な感覚。
いわれてみれば、結界に似てたかも。・・・って、結界もよくわかってないのですが。

可不可

2020-08-12

さらりと結界に結びつけられる作者の深い人生観に感じ入ります。子どもの頃の夏休みは、祖母宅で蚊帳の天井にボールをのせて従兄達とくたびれるまではしゃぎまくってました。

2020-08-11

昔は各家に二張か三張の蚊帳があったものです。
家の中でも何となく縄張りみたいなものがあり、兄弟でも
一緒の蚊帳に入らなかったりとか。

大橋克明

2020-08-08

小さい頃蚊帳を吊ってもらって寝ていましたね。
緑色の細かい網の向うのぼんやりとしたものに
ドキドキ感じるものもありました。
ドキドキは結界のせいだったのか、と。
結界が素敵ですね~

まちだ道子

2020-08-08

蚊帳を結界に見立てたところが良いですねぇ。

せきゆみ

2020-08-05

幼い頃は、緑色の蚊帳の中に祖母と一緒に寝てましたが、
だからか 郷愁ロマンを感じたりもします

「あなた」は蚊のような人なのか、なんて思ったりはしませんよ

蚊帳の中には時々 蚊が入り込んでしまったことがあった
「あなた」だって 隙を見せれば入り込んで挿すかもね…
☆☆

あッ、挿すでなく 刺すかな…?

今井幸男

2020-08-04

蚊帳ってレトロです。

鮫島

2020-08-03

結界って竹一本渡してあるだけですね。
行こうと思えば先へ行けるけど、行かない。
蚊帳だってくぐればいいのにね。
くぐらない。 (その気がない?)

映子

2020-08-03

美しいエロス。

大貫隆志

2020-08-03

今も蚊帳を釣っているのだろうか?
結界を破るには勇気がいりますよね。
浮世絵の風情ですね。

柳瀬丈子

2020-08-01

次を読み込む