題詠(「目眩」)

2020-06-23開催(麹町)/第255回参加歌 歌順8番

その日を
思いながら
米を研ぐ
めまい、しそうなくらい
粒つぶが白くて

コバライチ*キコ

コメント投稿

※会員の方のみコメントを書くことができます。⇒コメントを投稿する

2件のコメントがあります

「その日」をどうイメージするかで、すごく違ったお歌になりますよね。
今井さんの読みにも納得しました。
私は口には出せない、読みをしました。

まちゃこ

2020-06-29

その日って…、もしかして舎利になる日かも…
余命宣告された人が米を研ぎながら
米の白さに白骨の白さを重ねてしまった
そんな映像が浮かんでくる…
限りある日を精一杯生きねばという思いも伝わってくる

詠者にっては不快かも知れませんが、そんな鑑賞をしてしまいました

今井幸男

2020-06-28