自由詠

2020-06-23開催(麹町)/第255回参加歌 歌順26番

花にもぐり込んで
花粉まみれの蜂が
蜜でふくれた
お腹ゆすって
飛んでいく

柳瀬丈子

コメント投稿

※会員の方のみコメントを書くことができます。⇒コメントを投稿する

5件のコメントがあります

散歩の途中のスケッチです。花は舘葵でした。
人間はコロナに振りまわされているけど花や虫や鳥は
全くマイペース。しばし、見とれていました。

柳瀬丈子

2020-07-04

「お腹ゆすって」の一行が面白くって(笑)
リアルな蜂は勘弁してほしいけれど、このお歌の蜂さんはなんとなく可愛く感じられました。

観月

2020-06-27

花街にもぐり込んで
花粉(お嬢お姉)にまみれた男蜂が
濃密フェロモンでふくれた
三段腹をゆすって
日常へ戻っていく
  という物語も浮かび上がってくる…
自然の情景と三密を絡み合わせた新鮮で深みのある歌
☆☆

というコメントを用意してたのですが
「蜜」では鑑賞の楽しさが薄らいでしまうので ☆ に…

今井幸男

2020-06-26

バンブルビーツイスト
いい光景ですね

よしの

2020-06-26

いやはや〜今井さん、サイコー♡

山碧木 星

2020-06-26