自由詠

2020-06-23開催(麹町)/第255回参加歌 歌順18番

シャーレに垂らした
一滴の汚水から
独自の宇宙を
創り出して行く
細菌の世界、おそろしや

大橋克明

コメント投稿

※会員の方のみコメントを書くことができます。⇒コメントを投稿する

5件のコメントがあります

研究者に言わせれば、おもしろやの世界ですね。
細菌やウイルスは、増殖し変異を繰り返しながら領域を広げ、子孫を残して行くことに
一心不乱に見えますが、ヒトの子孫どうなって行くのかな~と考えてしまいました。

せきゆみ

2020-07-06

ミクロの宇宙も広大なのだ、細菌よりも更に
微細なウィルスこそおそろしや。

柳瀬丈子

2020-07-04

シャーレの中の寒天培地で人類を培養したら、
もっと おそろしいことになりそうな気がします

いや既に、人類は地球という培地で培養されてるのかも知れない
それを覗いて「人間の世界、おそろしや」と
言っているのは何者なのだろう…
☆☆

今井幸男

2020-07-02

細菌やウィルスにも子種保存の原理が備わっていると考えれば、
恐怖を覚える世界に人間の傲慢さを省みました。
私達が創造してしまった宇宙かもしれない☆☆

数 かえる

2020-06-30

人間とウイルスの戦いも
宇宙のように果てしないです

よしの

2020-06-26