自由詠

2020-01-28開催(麹町)/第250回参加歌 歌順28番 第3席

この青空を切り取った
風呂敷に包んで
もって帰りたいような
ふきのとうが
顔を出してる

範子

コメント投稿

※会員の方のみコメントを書くことができます。⇒コメントを投稿する

4件のコメントがあります

1~2行目、映子さんのコメントに相乗りさせてもらおうっと。
ふきのとうを見つけた範子さんの喜び、その感激が1~2行目を創意されたか~。

せきゆみ

2020-02-19

範子さんの風呂敷デカいんだろうなぁ。たくさん摘んで帰るんだろうなぁ。

しの

2020-02-06

青空を切り取って風呂敷にする、すごい発想!
参りました。
ただ、作者の目は
ふきのとうの方へ傾いているしいのが、
青空の風呂敷に感動した私としては、ちょっと残念。

映子

2020-02-03

青と黄緑が、目の前にバーンと来ました。
清々しさと、みずみずしさ。上手く詠まれていて、気持ちいいです。

かおる

2020-02-03