自由詠

2020-01-28開催(麹町)/第250回参加歌 歌順4番

手函ごと捨てた
小石や貝殻 なのに
磯の香にむせびながら
よく似た小石や貝殻を
拾っている

柳瀬丈子

コメント投稿

※会員の方のみコメントを書くことができます。⇒コメントを投稿する

4件のコメントがあります

人は不思議なものですね。
もう二度と…と思いながら
同じことを繰り返すもの
小石や貝殻にはどういう物語があったのでしょうか。

まちだ道子

2020-02-13

収集癖というわけでもないけど、飽きもせずってやつです。
二つ捨てて一つ拾う、くらいにしておきます。

しの

2020-02-06

心ひくものを又手にしてしまう。 変わらない変われない?心の裡を
呟いていらっしゃるようで、しんみりです。

せきゆみ

2020-02-06

私もです。
やはり好きなものや、形は、何回も手に取ってしまいます。

かおる

2020-02-03