題詠(「耳」)

2019-11-26開催(麹町)/第248回参加歌 歌順20番

アンテナすくっと
青空へ向け
山の子等
瞬時に耳を
そばだてる

コメント投稿

※会員の方のみコメントを書くことができます。⇒コメントを投稿する

1件のコメントがあります

山の子というか 我々昔の子もアンテナを空へ向けて伸ばし
自然と語らい感性を養ってきました

その対極に見えてくるのは
背を丸めアンテナを液晶画面に突っ込んでモゾモゾやってる現代っ子の姿
いや、大人もですね…

昔を懐かしむのは単なるセンチメンタルなんでしょうかね…
☆★

今井幸男

2019-12-07