自由詠

2019-11-26開催(麹町)/第248回参加歌 歌順17番 第1席

信念は亀の甲羅
身を
守るようであり
身を
縛るようであり

大貫隆志

コメント投稿

※会員の方のみコメントを書くことができます。⇒コメントを投稿する

3件のコメントがあります

信念は普通、背骨とか心身の芯のほうに置いとくものでしょうに
信念を甲羅にしてしまっては
確かに身を守れるかも知れませんが悠々と生きられないような気がします
ご本人は鎧武者のようにカッコいいと思っているのかも知れませんが…

私の信念は尾てい骨にあるので、これも どうなるのやらですが…
☆☆☆

今井幸男

2019-12-04

信念とはその人にとって何か、ということですね。
私は信念が先にあって生きるのじゃなくて、生き方から結果として、
信念を周囲に感じさせるのじゃないかと思うので、亀の甲羅とは考えません。

この歌はあれこれ考えさせること多くて ☆☆

映子

2019-12-01

納得の一席です。
この甲羅、簡単に脱げないし、寝ても覚めてもくっついてくる。

しの

2019-11-30