題詠(「舞い、舞」)

2019-05-28開催(麹町)/第242回参加歌 歌順23番 第1席

うっすらと
焦げた筍ご飯に
摘んだ山椒
ひと葉 添えて
春を 仕舞う

山碧木 星

コメント投稿

※会員の方のみコメントを書くことができます。⇒コメントを投稿する

3件のコメントがあります

筍ご飯はうっすらと焦げたところが美味しいです。
山椒が春を運んでくれますね。
料理系の歌いいものたくさんありますね~

まちだ道子

2019-06-15

なんといっても「春を 仕舞う」がイイね。
香ばしくいい具合に焦げた筍ご飯はそれだけでも美味しそうなのに、摘んだ山椒を添えるなんて乙なこと!
バチンと掌で叩いたりなんかして、次の春の恵みの到来まで待つ。

しの

2019-06-06

しの様

あちこちで筍を貰った、届いたという話を聞いて羨ましく思っていたら、やっと小さな筍が手に入りました。
土鍋で炊き、山で採った山椒の葉をのせて、日本人の幸せをしみじみ享受。
間に合った筍ご飯に感謝です。

山碧木星

2019-06-06