自由詠

2019-05-28開催(麹町)/第242回参加歌 歌順28番

陽の当たる緑
黒く深い緑
重なりながら
ずしんずしんと
夏が近づく

扉 (欠)

コメント投稿

※会員の方のみコメントを書くことができます。⇒コメントを投稿する

1件のコメントがあります

夏の近づきを自然で感じられていますね。
信州は緑多いでしょう。
ずしんずしんという感じなんでしょうねと想像します。

まちだ道子

2019-06-15