題詠(「四」)

2018-12-25開催(麹町)/第237回参加歌 歌順5番 第1席

冬のりんご
四つに切ってから
皮をむく君を見ながら
まぁるく剥いてた
あの人を思い出してる

観月

コメント投稿

※会員の方のみコメントを書くことができます。⇒コメントを投稿する

6件のコメントがあります

冬のりんご
に君との関係が伝わってきて、皆さんコメントされてますが
とにかく巧い!!です~

まちだ道子

2019-01-08

冒頭の「冬のりんご」で感じた冷たさが、歌全体を支配していて、
四つに切って皮を剥く君への視線にも漂っている。
「四」と「まぁるく」にも温度差があって、
女の目はこわい。

歌は巧い!!

映子

2019-01-05

作者が女性なので、この「君」は男性であろうことにちょっと驚きました。
私は男性にりんごを剥いてもらったことがない。
確かに剥き方に性格の違いが出そう。
だからどうってわけじゃないけど、アンニュイな大人の歌。

しの

2019-01-03

りんごの剥き方で二人の人間性の違いが
あれこれ想像できるのがいいですね…

私は、丸ごと食べる時は まぁるく剥きますが、
冬は 一度に1個は食べないので
二等分あるいは四等分に切って 食べる分だけ剥きます

まぁるく剥く人はロマンチストかな…?
1個食べる時も四つに切って剥く人は合理主義者かな…?

☆☆

今井幸男

2019-01-01

リンゴを使いリアルに感覚を刺激しながらの物語性、お見事です。「冬のリンゴ」確かにいいですね。

せきゆみ

2018-12-30

こんな歌、作りたかった〜そう思いました。
一行目の 冬のりんご、これがいいですね。
お二人がどんな方であるか、知る由もないけれど、
見つめる感性、そして流れていった時間が、冬のリンゴと重なり、歌がキリッとしています。
★★

山碧木 星

2018-12-29

次を読み込む