題詠(「捨てる」)

2018-11-27開催(麹町)/第236回参加歌 歌順8番 第3席

男は捨てない
手放すだけ
あとで
拾うかも
しれないから

藍弥生

コメント投稿

※会員の方のみコメントを書くことができます。⇒コメントを投稿する

4件のコメントがあります

手放したものは、拾いませんね、私は。
手放されて、また拾われることを許容する男って、どうなんでしょう。

映子

2018-12-10

なぜ、こんなに共感があったのだろう。
拾うこともしない私は、冷たい男なのだろうか。

山碧木星

2018-12-07

>詠者が、男を捨てないのか?

そっちのほうだと思いました。
なかなか強かで藍さんにしては意外な歌で、そこがまたいい。

しの

2018-12-06

詠者が、男を捨てないのか?
男が、人や物事を捨てないというのか?

捨てられたら傷つくプライドも
手放されただけだと思わせれば傷つかないかも知れないから
お互いの後々のことを考えるといいかもねぇ

あとで拾いたくなるような代物だったら
手放したとたんに
他の人に捕まえられてしまうだろうけど…

今井幸男

2018-12-02