題詠(「捨てる」)

2018-11-27開催(麹町)/第236回参加歌 歌順3番

捨てがたい
言葉と
対話して
短い五行に
押し込む 思い

関口有美

コメント投稿

※会員の方のみコメントを書くことができます。⇒コメントを投稿する

2件のコメントがあります

分かりますねえ。
一つの言葉に寄せる想い。
詠み手と読み手の思いが重なったとき、その言葉が一番喜ぶのでしょう。

山碧木星

2018-12-11

五行歌への思いが 人それぞれ少しずつ違うから
様々な歌が生まれて
読み手も楽しくなるのでしょうね…

私の場合は、捨てがたい思い、捨てがたい題材と対話してでしょうか
そして、押し込むというより
題材を五行で解放してあげたいという思いが強いからか
かなり長い歌になってしまうこともあります

今井幸男

2018-12-09