自由詠

2018-11-27開催(麹町)/第236回参加歌 歌順17番

触れれば
パリンっ て割れそうな
まんまるな 月
薄雲に囚われそうで
走って走って 追いかけて

町田道子

コメント投稿

※会員の方のみコメントを書くことができます。⇒コメントを投稿する

3件のコメントがあります

割れそうな月。まんまるに張り詰めた月。心模様でしょうか。
何かに囚われた心に雲がかからないように、と願いをも追いかけられたのでしょうか。

かおる

2018-12-09

触れれば パリンっ て 割れそうな まんまるな 月 に
無意識に 自分 あるいは大切な誰かを重ね合わせているような気もする

その月が薄雲に囚われて欠けぬよう
薄雲に負けぬよう に追いかける

暗雲でなく薄雲だから、重大な危機感ではなく
不安のようなものなのかも知れませんが…

純粋な実景だけならばいいのですが…

今井幸男

2018-12-07

月が薄雲に覆われそうなのが心配で、月を追いかけている、というのがこの歌の言いたいところですね。
月を追いかけるという子供のような高揚感が、すばらしい。

だとすると1、2行がそぐわないかな、と思います。
「パリンと割れそうな」という表現は、初めてではないような・・気もするし。

映子

2018-12-07