自由詠

2018-11-27開催(麹町)/第236回参加歌 歌順6番 第2席

錦繍と言っては
畏れ多い
手織り木綿の
晩秋を
生きる

酒井映子

コメント投稿

※会員の方のみコメントを書くことができます。⇒コメントを投稿する

4件のコメントがあります

錦繍は洗えませんが、手織り木綿は洗えます。手織りだから何回洗っても丈夫だろうし、風情も出てくると思います。そんな強さが、ピッタリです。

かおる

2018-12-09

迫力があります。
堂々と生きる。手織り木綿の肌触りもなかなか味わい深そうです。
木綿にも小倉織に喩えられるようにかなり高級な織物もあり、艶やかに輝いているものですが
作者の言う手織り木綿は、時間をかけ糸を撚り、紡ぎ、美しいばかりではないこの世に一枚の木綿。

しの

2018-12-06

人生経験の豊かさを感じます。「晩秋を/生きる」の心意気、3行目の比喩がいい味と内容で物語っています。

せきゆみ

2018-12-06

錦繍に喩えられる当の紅葉でさえ、
畏れ多いと思ってるんじゃないだろうか

手織り木綿とて、ドレスや打ち掛けにもなってるくらいなので
自分の人生を手織り木綿に喩えても自己卑下にはならない

手織りという語に、
自分の手で 自分自身の力で 人生を歩んで行くんだ
という思いが感じられるのがいいですね
☆☆

今井幸男

2018-12-02